*【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】 啓蟄 編


■Epi.68 啓蟄 編


 皆さま、ごきげんいかがでしょうか。

 【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】久々の投稿になります。

 

 お出かけ前に読めるボリュームの記事で書いています。

 

 第68回目のテーマは『啓蟄 編』をお伝えいたします。

■啓蟄とは

今日、3月5日は「啓蟄(けいちつ)」です。

啓蟄とは二十四節気(にじゅうしせっき)のなかの1つで、意味は「冬眠していた虫が土の中から這い出して来る頃」という意味があります。

日にちは3月5日~6日頃とされていて、今年2020年は3月5日です。

 

 


■二十四節気とは

 二十四節気とは古代中国で使われていた暦で1年を24等分に分けて、それぞれに季節の事象にちなんだ名前を付けたものです。日本には平安時代に入ってきました。

二十四節気は太陽の運行に基づいて決められていて、1年で最も日が長い日を夏至、最も日が短い日を冬至といいます。そして、冬至から夏至の半分 ちょうど昼と夜が同じ日が春分と言い、夏至から冬至までの半分 ちょうど昼と夜が同じ日を秋分と言います。

春分・夏至・秋分・冬至この4つが春・夏・秋・冬の季節の中心とされる暦です。

 

春は立春から立夏までの期間で、この期間を二十四節気では

・立春

・雨水

・啓蟄

・春分

・清明

・穀雨

と、分けられ「啓蟄」は春の節気では3番目の節気に当たります。

 

 

※参考:「啓蟄 意味・食べ物・歴史の図説」

http://chugokugo-script.net/koyomi/keichitsu.html

 



 皆さま本日も笑顔あふれる1日をお過ごし下さいませ。


「大人の女性が身につけたいお付き合いマナー」コースでは、日常生活で役に立つ様々なマナーをご紹介しております。上記の更に詳しい内容は講座にてお話をしております。

ID  @fkb8886c

 

LINE@にご登録されますと、配信のお知らせがとどきます