*【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】 イタリア料理店の種類 編


■Epi.73 イタリア料理店の種類 編

皆さま、ごきげんいかがでしょうか。

 【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】をお届けします。

 

 第73回目のテーマは『イタリア料理店の種類 編』をお伝えいたします。

■「リストランテ」と「トラットリア」の違いは?

「リストランテ」と「トラットリア」同じイタリア料理店でも何が違うんだろうと疑問に思ったことはありませんか?

 

 

同じイタリア料理店である事は間違いないけど、違いまでは気にしたことが無かったと仰る方も。この違いを分かっていると目的別でお店を選ぶ参考になります。

 

■各お店の種類と違い

・リストランテ

イタリアレストランでは高級レストランにあたります。高級店といってもお値段も高級な事は決してなく、お財布に優しいお店もたくさんあります

 

・トラットリア

リストランテよりもカジュアルなお店になります。イタリアの郷土料理を提供してくれます。一言でイタリア料理と言っても地域によって名物料理は違います。

例えばリゾットは北イタリアのお料理、ピザは南イタリアのお料理、トリッパなどの煮込み料理はローマ近辺の郷土料理となります。

「今日は美味しいリゾットが食べたい」と思った時はそのお店がどの地域の郷土料理を得意としているかを調べてお店選びをされると良いですね。

 

・オステリア

もともとの語源は宿を兼ねた食事処でした。こちらは居酒屋を指し美味しい郷土料理と郷土のお酒を豊富にそろえているところが多いです。

トラットリアよりはお酒を楽しむ方が多い傾向があります。

 

・エノテカ

ワインバーを指します。どちらかというと、ワイン販売を主としていて選ぶ際に試飲をしておつまみをいただく程度ですので、お料理をメインにしたい方はトラットリアかオステリアをお選びくださいね。

 

・ピッツェリア

この響きからも分かるようにピッツァ専門店です。日本ではピッツァは1枚をシェアして食べますがイタリアですと1人1枚食べます。

生地も薄く日本に比べてボリュームは抑えられているので女性でも1枚食べられるボリュームです。

 

・バール

立ち飲みのカウンターがあるカフェ。イタリアだと立ち飲みと席に着いていただくのとでは同じ飲み物を頼んでも値段が違います。カウンターでコーヒーやエスプレッソと一緒にパニーニなどで軽食をとっているイメージです。今でいうファストフードの役割でしょうか。

 

日本ではどちらのお店の特徴も兼ねているお店もたくさんありますので、必ずしも上記の基準に該当しているとは限りませんがお店選びのご参考になさってください。


皆さま本日も笑顔あふれる1日をお過ごし下さいませ。

「大人の女性が身につけたいお付き合いマナー」コースでは、日常生活で役に立つ様々なマナーをご紹介しております。上記の更に詳しい内容は講座にてお話をしております。