· 

フランス大使公邸を飾る花

■モダンなパリをイメージするビビッドカラーでまとめて

2019年4月にフランス大使公邸にて開催された

パリ空港・マイ・ロイヤルクラブ発足1周年記念:春の集いにて

会場に華を添えるフラワーアレンジを

飾りました

 

 

 

只今、発売中の

『BEST FLOWER ARRENGEMENT No.71』

==フランス大使公邸を飾る花==にて

紹介されました。

 

 

 

フランス大使公邸は

この日で訪れたのは3回目

 

 

 

ご依頼をいただいた時には会場の雰囲気も

熟知していましたので

春の華やかさとパリの雰囲気を醸し出すような

アレンジを作りました

 

 

 

私のアレンジは

シンプルモダンな中にも華やかさがあるとい評価をただき

ここ10年以上に渡り雑誌社から

作品掲載のお声がけをいただいています

 

 

 

フラワースクールを卒業した時の主人の言葉が未だに忘れられません

 

それは

 

 

「初めて作品を作って帰ってきた時は絶句してしまうほど

言葉の掛けようが無いほどひどいアレンジだったから、

これで先生に本当になれるのか?と心配した

 

 

でも、このように立派に自分でデザインして作品が作れるようになったのは

自分が偉いのではなく教えてくれた先生が偉い!!

この事を忘れないように!

決して自分の実力では無いという事を肝に命じ

これからは、謙虚な気持ちで生徒さんに教えていきなさい」

と言われました。

 

■与えられた恵まれた環境

本当に私はたくさんの優秀な先生方に恵まれ

環境にも恵まれて学ぶ事ができました。

 

 

その中の1つ

2009年フランスのトップフローリスト3名

(ステファン・シャペル/エリック・ショバン、カール・フュッシュ)に

教わった事は私にとって

新たな感性を与えてくれました。

 

 

 

全国の書店にて販売中です

お手に取っていただけると嬉しいです

 

 

 ■パリ空港・マイ・ロイヤルクラブ

紹介性の会員サービスでして、世界で2000名・そのうち日本では250名限定の入会が許された会となっております。パリ空港(シャルル・ド・ゴールとオルリーの2つの空港を差します)で様々なサービスが受けられます。また、空港のみならずパリに滞在中のショッピングサービス・送迎サービス・観劇などのチケットの手配などホテルのコンシェルジュのようなサービスをしてくださいます。