*【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】好印象を与える所作 編


■Epi.26  好印象を与える所作 編


 皆さま、おはようございます。

 【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】を月・木曜日と週に2回配信しています。

 

 お出掛け前に目を通せるボリュームの記事で書いています。

 

 第26回目のテーマは『好印象を与える所作 編』をお伝えいたします。

■最初の3秒が肝心

 

 

 

 よく『人は見た目ではない』と言われますが、実際のところ無意識にでも私たちは最初の数秒間で相手の印象を決めています。

有名なのが『メラビアンの法則』があります。

人の第一印象は初めて会って3~5秒で決まりそのほとんどが視覚情報から入るというものです。

・視覚情報・・・55%

・聴覚情報・・・38%

・言語情報・・・7%

上記の割合で第一印象に与える影響です。

視覚情報が55%ということは、ほとんどが見た目で判断してしまっているという事です。そして、厄介なのがこの第一印象で植え付けられたイメージはなかなか払しょくできないのです。

そうなると、やはり最初に会った3秒がその後のあなたのイメージを決める時間となるのです。

■第一印象をよくするには

第一印象をよくするためには

 

1.お顔が映える色の服やアクセサリー、女性ならばメイクを整える事

 

パーソナルカラーを用いてご自分の似合う色やファッションの傾向を知ると印象が驚くほど変わってきます。

実際私も自分の似合う色を勘違いしており、顔立ちがハッキリしているので目立たないように洋服もそのような色目の物を選んでいました。

 

そうすると、

友人に決まって

「顔色悪いけど体調大丈夫?」と聞かれていました。

 

 

いつも、なぜそのように聞いてくるのか不思議でたまりませんでしたが、パーソナルカラー診断を受けてその理由が分かってスッキリしました。


そして、今ではイメージに合ったファッションスタイルになっているので会った方からも客観的なイメージとのギャップはあまり出なくなりました。

 

 

2.姿勢を整える事

 

背筋がピンとなっていると、その人の人柄が伝わってきませんか?

これも、視覚的な情報になります。

猫背だとお顔周りに影も出来て暗い印象を与えます。

 

 


常に家から1歩出たら、誰かに見られているという事を意識されるのも良いでしょう。

そうすると、自然に背筋も伸びて程よい緊張感が生まれます。

その事で、背筋も伸びてお腹もへこみ笑顔にもなれます。

 

 

こちらの写真は先日のランチ会で撮影されたものですが、いずれも知らないうちに撮影された様子です。

これを見て、普段はこのようにみられているという事が自分でも分かるので時々中の良いお友達などにこっそり写真を撮ってもらってチェックするのも良いでしょう。

 


3.会話の時は手はテーブルの上に出しておく

 

こちらは、テーブルマナーのセミナーでもお話をしているのですが会話中は両手をテーブルの上に出して置き相手に見えるようにしておくと良いです。

手を出しておくことで、「私はあなたに害を及ぼしません」という意思表示になります。心理的にも手を見せて会話をすると30%UPで会話が弾むと言われています。

逆にテーブルの下に手を隠していると「隠し事がある、心を開いていない」という印象を与えます。

4.足音は控えめに

 

パンプス、サンダルやミュールで歩いていると踵から響く音がとても大きかったり不快な音に聞こえる事があります。

メラビアンの法則で言うと

・聴覚的情報になります

 

背筋が曲がっていて、歩く音がうるさいとこれで第一印象は最悪になりますね。

 

歩き方は、踵から着地してしっかりと膝を伸ばして背筋を伸ばして歩くように心がけてください。

■あなたは美しい姿勢になっていますか?

壁に背中を付けて立ってみてください。

 

ポイントとしては5か所壁に付いていると美しい姿勢になっています。

・後頭部

・肩甲骨

・お尻

・ふくらはぎ

・かかと

 

5か所全部が壁に付くことがポイントです。

 

ぜひ、お試しください。

美しい姿勢に整え、正しい歩き方が60分でできる

ビジュアルコース体験レッスンは随時受付しております。

 

 

 

 

 

 ご参考になさっていただけると嬉しいです。

 皆さま本日も笑顔あふれる1日をお過ごし下さいませ。


「大人の女性が身につけたいお付き合いマナー」コースでは、日常生活で役に立つ様々なマナーをご紹介しております。上記の更に詳しい内容は講座にてお話をしております。

ID  @fkb8886c

 

LINE@にご登録されますと、配信のお知らせがとどきます