· 

2019/4/3 フランス大使公邸にて生花装花させていただきました


 一昨日、都内にありますフランス大使公邸にてパリ空港のパーティーが開催され私もご招待を頂き参加してまいりました。そして、数名のフラワーデザイナーの先生が公邸内をお花で飾らせていただくという貴重な機会もいただきました。

 

 アレンジのテーマは「フランスのエッセンスが感じられるもの」

 

 私はインパクトのある色のカーネーションを選びこちらをメインにアレンジを制作いたしました。
サイズも横が60cmほどあるサイズとのご指定があり、花材を富山から運ぶのを考えたときにシンプルなデザインで構成しようと思いつきある程度の準備は前日に富山で作り、それを持って東京まで運びました。

 

 こちらのブログを初めてご覧になった方は「マナー講師なのになぜフラワーアレンジ?」とお思いになる方もいらっしゃるかと思います。私が運営するAtelier Juittetは最初はフラワースクールが原点なのです。

そして、開校してから14年にもうすぐなるのですがその間もフラワー専門の全国誌では作品掲載も多数担当させていただいておりました。

 

そのご縁から各国大使館でのパーティーなどにご招待をいただくようになったのが経緯です。

 

過去の雑誌掲載作品はこちらからご覧いただけます

 

 パーティーも無事に終了してアレンジはどうなるかと言いますと、そのままフランス大使公邸にて飾っていただけることになりました。このような場所に飾っていただき、しばらくの間は公邸におみえになったお客様をお出迎えさせていただきます。



また、こちらの作品は来月発売のベストフラワーアレンジメントに掲載される予定です。