*【素敵なマダムになるための、とっておきな秘訣】ご祝儀袋の表書きと水引の種類編


■Epi.1 ご祝儀袋と水引の種類 編


 皆さま、こんにちは。

 3月も半ばに入りあちこちで、卒業式の場面を目にします。また、この時期はお取引先様のご担当者より定年退職のご案内や退職の記念品としてフラワーアレンジメントのご注文を多くいただきます。

 来月には入学式シーズンとなり、皆さまの中でもご祝儀袋をご用意される方も多いのではないかと思います。

 ここで、いつも考えてしまうのはご祝儀袋の表書きと水引の種類です。

 

 第1回目のテーマは『ご祝儀袋の表書きと水引の種類』をお伝えしようと思います。

■表書き どっちがオススメ?


 ここに2種類のご祝儀袋があります。

 あなたなら、どちらを選ばれますか?

 

 左 or 右

 

 答えは・・・

『右』です。

 

 理由・・・

日本では偶数は割り切れるので、割れる・別れるとされお祝いの時に偶数の文字の表書きは縁起が悪いとされています。ですから、左側と右側の表書きの文字数を数えてみると左側は4文字、右側は5文字ですね。

この、考え方だと5文字の右側になります。

 皆さまの中には漢字の「御」が付いている左側を選ばれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この場合、送り仮名の「い」を付け足して「御入学祝い」とされると5文字になりますのでお使いいただけます。

 

■水引の種類


 イラストで描かれている蝶結びの水引をお選びください。蝶結びは縛っていても解けるので、何度でも起こって欲しい嬉しいお祝い事に用いられます。

 

 ご参考になさっていただけると嬉しいです。

 皆さま本日も笑顔あふれる1日をお過ごし下さいませ。


「大人の女性が身につけたいお付き合いマナー」コースでは、日常生活で役に立つ様々なマナーをご紹介しております。上記の更に詳しい内容は講座にてお話をしております。

ID  @fkb8886c

 

LINE@にご登録されますと、配信のお知らせがとどきます