· 

・雑節【節分】


 2月の年中行事です。みなさまも豆まきなどをご家庭で楽しまれる方も多いかと思います。

節分は立春の前日にあたり年によって異なることもありますが、たいていは2月3日です。

 

節分の日には豆まきや玄関に柊鰯を掲げるご家庭もありますが、なぜこのような事をするのでしょうか?

 

それは、古来より季節の変わり目には邪気が体に入りやすいという事から邪気払いの為に行っていました。

所説ありますが「豆」は「魔滅」とも書ける事から豆を撒いて魔物・邪気を追い出すという意味が込められています。柊鰯に関しても魔除けとして飾られます。玄関などの入り口に飾るのですが、鬼(魔物)が鰯の良い香りに誘われて集まってきますが、そこで柊の棘に刺さって逃げていくといわれています。

最近では恵方巻が各地で流行っておりますが、元々は関西地方の風習でしたが今では全国に広がり一種のイベントアイテムのようになっているのが残念です。

 

年中行事はそもそもの由来を知って今の生活にも取り入れながら、後世に伝えていただければと思っております。

 

 

(柊鰯)・・・20センチほどに切った豆殻の付いた大豆の枝の先に鰯の頭を刺したものを2本くらいと、柊の葉の付いた枝を合わせたものを紐で束ねたもの。